無収入でも医療費控除の申請はできる?

無収入の方であっても、場合によっては医療費控除の申請ができることがあります。
そもそも医療費控除とはどういった制度なのかというと、すでに支払った所得税に対して、1年間で10万円以上の医療費を支払っていた場合にその額が所得から控除されることで支払うべき所得税額が減額されて、すでに支払った所得税の一部が還付されるという仕組みのことです。
ですから、対象としては所得税をすでに支払っている方で、なおかつ1年間に支払った医療費の総額が10万円を超えている方ということになります。
現在は無収入の方であっても、前年に収入があって所得税を支払っているという場合には、医療費控除の申請を確定申告時に行うことによってすでに支払った所得税の一部が還付される可能性があります。
ですから、前年に仕事をしていたという方は源泉徴収票を確認して、所得税の支払いの有無について確認しましょう。
ただし、現在無収入の方で、前年も同様に無収入であった場合には、所得税を支払っていないわけですから、控除の申請を行うことはできません。
あくまでも所得税の一部が還付されるという制度ですから、所得税の支払いの有無というのが申請をできるか否かのポイントとなります。

001-m

無収入でも賃貸物件と契約する方法はある?

賃貸物件を契約する場合には基本的に収入のチェックもされますから、完全な無収入だと契約をすることはできません。
これはどのような地域でも共通していることですから、賃貸物件と契約するにはアルバイトでも収入が無いと厳しいでしょう。
ただ失業などによって一時的に無収入になってしまっているなどの場合、代理契約か預貯金審査を利用する方法で対応できる可能性があります。
代理契約とは親族の名義、例えば父や母、兄弟姉妹といった収入のある人に申込みをしてもらう方法です。
さすがに知人や友人の名義で、というのは難しいのですが、大家によっては親族からの申込みであれば実際の入居者が異なっていても対応しているというところがありますから、頼れる親族がいるのならばまず相談してみると良いでしょう。
次に預貯金審査ですが、これは現段階での貯金額で審査をお願いする方法です。
貯金がしっかりあるのならば無収入でも家賃を払うことは出来るでしょうし、家賃が払えるなら賃貸物件に入居しても良いわけです。
ただこの預貯金審査の場合は家賃の2年分以上、場合によっては200~300万円以上の貯金が無いと通過の可能性がかなりひくくなりますから、現実的には中々難しいと言えます。

002-m

確定申告は必要?またその書き方は?

完全に無収入であれば確定申告は必要ありませんし、するとしても書き方は単純です。
しかし本人が無収入だと思っていても、税法上は収入があるとみなされることがあります。
そんなときには確定申告が必要です。
よくあるケースは、年度の途中で会社を辞めたので、無収入だと考えている場合です。
確定申告でいう「年度」は1月から12月までです。
ちょうど12月31日に退職した場合以外では、調整されていない給与が発生しているのが普通です。
サラリーマンであれば源泉徴収されているので、確定申告すれば所得税が戻ってくるかもしれません。
申告書の書き方は、給与所得と源泉徴収額を書き込み、社会保険料控除や生命保険料控除があればその欄を埋め、還付金の額を計算します。
また源泉徴収票の原本を添付する必要があります。
給与所得がなくても、賃貸アパートの収入があったり、株の売買で儲けたりした場合には、やはり申告が必要になります。
給与所得の申告とは別の用紙も使い、書き方も違うので注意してください。
まったくの無収入でも、確定申告をしておくと住民税の申告をしなくてよかったり、国民年金の免除申請で手間が省けたりします。
この場合は住所氏名だけ書き込めば、金額欄には何も書かなくてOKです。

003-m

関連性が高いおすすめウェブサイト

無収入からすぐに抜け出せればいいのですが、すぐに抜け出せず、貯金がどんどんなくなってしまうと焦ってしまうものです。
当面の生活費などを確保するために、キャッシングなどを使うということも可能性としてはありえます。
無収入が長く続いてしまい、借金苦になってしまったらどうしたらいいでしょうか?
家計をあずかる専業主婦という立場になった際に、どうしてもプラスで月の収支を終わらせたいということが念頭に上がるのではないでしょうか。
専業主婦だから家計のやりくりが、ぜったいうまくできなくてはと焦る気持ちがあるかもしれませんが、まずは実際の家計簿をみてしっかり自分のお金の使い方の傾向について、考えていくことが第一歩となります。
専業主婦としては、やりくりをして、なんとか必要以上にお金を使わないということについて詳細解説してあるサイトを載せておきます。

参考サイト:専業主婦のうまい家計のやりくりの方法

ないものはないと割り切る気持ちを持つということが無駄遣いをしない方法でもあります。
その方法を身につけることで、別にしておいた余剰のお金が貯まるということになります。